スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機体が錐揉みして墜落してしまう

新型機の開発が進みません。

室内でしたら安定して飛ぶのですが野外ではまるっきりだめです。

カタパルト発信して上空まで到達しても、きりもみで墜落してしまいます。

垂直尾翼の面積が少ないのか

それとも単に機体がねじれているのか

何かアドバイスをいただければ幸いです
スポンサーサイト

テーマ : 紙飛行機を飛ばそう
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

きりもみ

きりもみの原因はいくつかあると思います。例えば尾翼面積不足があればきりもみに入りやすいはずです。ただし、機体自体のレイアウト・外観・重心位置を見ずにその判断は難しいと思います。

そもそも、上空できりもみに入ると言うことは上昇終了時に失速しているのだと思います。失速に入りにくい工夫をする方を優先すべきでしょう。ただしこれも、実際に飛んだ際の状態(≒動画)がないと何も言えません。

とりあえずこんなところですが。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。